読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社労士勉強始めました

社労士の資格取得に向けて始めた勉強の忘備録です。

U-CANの案内資料の到着とテキストを1冊購入しました

スポンサーリンク

まだ勉強は始めていません。

ブログのタイトルは始めましたとなっていますが・・・。

 

U-CANの社会保険労務士合格指導講座の資料が届きました。

まずはこちらに目を通しました。

 

U-CANの標準学習期間は7ヶ月とのこと。

教材セットは以下の通り。

 

・テキスト全10冊(①労働基準法②労働安全衛生法③労働者災害補償保険法④雇用保険法⑤労働保険徴収法⑥労務管理その他の労働に関する一般常識⑦健康保険法⑧国民年金法⑨厚生年金保険法⑩社会保険に関する一般常識)

・過去問攻略集2冊(労働編・社会保険編)

・選択式問題攻略集2冊(労働編・社会保険編)

・基本確認ドリル(労働編・社会保険編)

・科目別ガイダンスDVD(計5枚)

・その他(添削・質問関係書類、スケジュール表等)

 

添削課題が全11回(科目別添削10回、総合模擬試験添削1回)、標準的な学習期間は7ヶ月、質問は10:00〜17:00で水・日・祝祭日・年末年始を除いて電話・メール・郵送で可能とのこと。

 

金額は一括払いで79,000円、分割払いで4,980円 ×16回払い。

同時に教育訓練給付制度(一般教育訓練)が利用できるので、20%の学費はハローワークから支給されるようです。

 

この給付は社労士試験の合格ではなく、標準学習期間内に添削課題を全て提出し、修了課題の得点が基準点以上であること、のようです。

 

修了認定のための基準点がどのくらいか調べてみました。

http://www.kyufu.mhlw.go.jp/kensaku/T_K_kouza_syo_b

 

修了認定基準

規定の全課題を提出し、かつ総合模擬試験(追試験あり)において、70点以上(110点満点)の得点をすること。

 

修了認定基準をクリアすれば受講費用は約6万円となるようです。

 

学習方針

少し考えましたが、すぐにこのU-CANに飛びつくのではなくまずは独学でテキストを買って勉強を始めてみることにしました。

 

そこでテキストを1冊購入しました。ネット通販で購入をしたので、まだ手元には届いていません。本屋さんで立ち読みをして何冊か中身を見ながら比べてみましたが、結果的にこの本にしました。

 

社労士教科書 もう間違えない!  社労士試験「ラクラク整理」 2016年版

社労士教科書 もう間違えない! 社労士試験「ラクラク整理」 2016年版

 

 

この本を基本テキストとしてまずは手元に届き次第、勉強を着手します。

個人的には教科書をただ読んで暗記するよりは試験問題を何度も反復で解きながら暗記をしていった方が好みかなぁと思っています。

 

テキスト1冊、過去問集を1冊で始めていきます。

このテキスト1冊で充分とは思いませんので、理解が深くなっていくにつれて別のテキストに移行をできればと思っています。 

 

次回の更新からは学習に入っている予定です。